12

8話。計画実行。

3時20分、病院の前で初音をひろった。
こっからは、1分1秒無駄に出来ない。
ミノルと初音の、和解と示談の話し合いは、後にしてもらい、オレの計画をふたりに伝えた。

わかった・・・。

ミノルと初音の返事を貰う頃には、病院から一番近い派出所の側に車を泊めていた。

まずは、この車の盗難届けを出さなくては、始まらない。

バタンッ!

俺は、車のドアを閉めた。
カチコミ大作戦スタート!!!
俺は、細かい不安を払いのけ、派出所に入った。
すいません・・・。

続きを読む »

大作戦。7話

多少の気まずさは残っていたが、
今は、それどころではない。
という、立派な言い訳があったので、とりあえずの立場は、保つ事が出来た。
今、考えなければならないのは、後ろのトランクの中にいる、恐いヒトの死体をどおするかだ!
オレは、死体を乗せた時から考え続けてた作戦をミノルに話すことにした。
ミノルぅ・・・。
俺の切り出し方が悪かったのか、ミノルは、顔を赤らめて、こっちを見た。
そうじゃないんだ、トランクの組長さんの事・・・。
ミノルは、ちょっとガッカリした感じで返事をした。
うん、サックリさんの事?
ああっ。
オレ、どうするか決めたんだ。作戦を。

作戦?

続きを読む »

愛しいひと。6話

自殺・・・なんです。
彼女の部屋を訪ねたら、唸り声がきこえてきてっ!!
とにかく病院に連れて来なくっちゃって思って・・・。
フォークか、何かで刺したんだと思います!
すぐに、すぐに診てくださいっ!!
この娘の親に連絡をとってきます!!
すぐに戻りますっ!

さすがだ・・・。
今日1日驚かされてばかりいる。
車に戻ると、ミノルは大きく深呼吸した。

敢えず、あそこに行こう・・・。

静かにそう言った。

続きを読む »

グラミー賞5話。

えっ?ミノルの知り合いなのか?

う、うん。ビビアンのお客さん・・・。
よくは、知らないけど、なんとかっていう組の若頭だよ・・・。
たし・・か。さく・・まざわ?
まわりから、サックリさん、そう!サックリさんって呼ばれてた。

サックリだろうが、ポックリだろうが、この際関係ない。ヤバい人だって事は、しっかり把握できた。
落ち着こう。まずは、冷静に順番を考えよう。

とりあえず、苦しんでる初音を医者にみせる。
家まで送る。
ビビアンのママに事情を話す。遺体を山に埋める。車ごと燃やす?

最後の方は後で練り直す事にして、その段取りでいこう。
続きを読む »

4話。殺 意のフォーク

じゅ、じゅんちゃ・・ん。いだいよ・・・。
じゅん・・。

へっ?初音?
なんでっ?

死んでない、初音は死んでない。
俺は、テーブルを勢いよく弾き飛ばし、初音に駆け寄った。
確かに、血は出ているが大した量ではない。

ミノルゥ!!!
ミノル、ナニで刺したぁ!
動けなくなっているミノルの視線を追うと、血の付いたフォークが、床に転がっていた。
フォーク、フォークじゃ死なない。フォークじゃ死なない。
このまま歌にして歌ってしまいたい気分だった。兎に角、ミノルは初音を殺してない!それだけで先が見えた、明るい未来が見えた!

続きを読む »

12