英語にすると何でもカッコイイ。

img_7584.jpg

こちらの蝶ネジ、英語にするとバタフライナット。

ギッチョの事を、英語にするとサウスポー。

飛行船の事を、英語にするとツェッペリン。

赤唐辛子の事を、英語にするとレッドホットチリペッパー。

栄光を英語にすると、グローリー。

はぁ~、外人が良かった・・・。

 

よだれダラダラのキチガイ猫だって、

クレイジーキャッツだもんなぁ・・・。

ふぅ~。

morry

どんな感じがいいかしら?

img_7564.jpg

パターン1

ちょいプルバック!ライザーを思いっきり低くし

ハンドルとタンクの位置を揃える。

こんな感じ。

img_7565.jpg

クマが乗っていて、かえって分かりづらいかも知れませんが

ご了承下さい!

パターン2

img_7569.jpg

ロボハン詰め詰めで、すり抜け仕様!

これもまたなかなか。

img_7570.jpg

まぁどっちにしても、見に来てもらわないと始まらないので

連絡く~ださいっ。

img_7551.jpg

お待ちしちょります!

morry

 

 

 

さぁどうしましょ???

img_6215.jpg

img_6216.jpg

stoopに持ち込まれた時の写真でございます。

好みの形と、ショベルのFXのタンクだけ持ち込み!

さぁ悩みます。

迷っても仕方ないので、マフラーから作ってみましょう!

img_7537.jpg

短くスマートにカチ上げてみます。

基本的に取り回しは別として、前後同じぐらいの長さがいいのではないかと

思い、悩み作業を進めます。

img_7535.jpg

FXタンク、ちっと加工が必要かな?

いや必要だな・・・。

img_7542.jpg

オーナーに見てもらってから決めよう!

ひとまず、点付けでおおよその形が出来ました。

次は、ハンドルかな?

morry

ヨシオカくんの理想に近づけ!

img_6279.jpg

前回、ハンドルのオーダーを頂き、溶棒で見本を作ってもらい製作に

取り掛かろうとしました。

がしかし、一本の電話があり、何やら自分でアルミの棒を曲げて

見本を造ったので、持ってきます!との事。

相当こだわってるんだな・・・とモーリーは感じました。

大体でいいとか言われるより断然嬉しい!

そりゃそりゃ燃えちゃいます。

img_7417.jpg

大体の形が出来たので見に来てもらいました。

img_7415.jpg

やっぱ、気にいったハンドル、しかも自分でデザインしたハンドル!

嬉しいんだろなぁ・・・。

俺も嬉しい!

何か嬉しい!

サンキュー。

morry

やばい・・・。急がねば!!!

img_7513.jpg

大人なぁ感じに仕上がりました。ツバタくんのスプリンガー。

img_7409.jpg

背の高さを考えながら作りました。

しっくりキテるではないですか!

良かったぁ・・・。

img_7519.jpg

結構大変だった、詰め詰めタンク。

3.5ガロンのタンクより、もうちょっとスリムに、

そんでもってリアフェンダーもノーマルを使って

仕上げてまいりました。

img_7397.jpg

この感じこの感じ。

わがまま言ってパフォーマンスを入れてもらう事にしました。

マフラーが上がってる分、キャリパーが見えちゃうもんね!

かたじけない!

頑張って稼いでくれっ!

img_7522.jpg

タンクを詰めてくと、カンショウしてしまう部分も多いのよね・・・。

でも、何とか自然なラインに仕上がりました。

img_7523.jpg

全体的にノーマルをそのままちっちゃくするのを目標に造りました。

img_7528.jpg

残りの課題は、メーターパネル!

いかにもって感じじゃなく、FXのメーターを真ん中に納めるか!

が、問題です。

引き続きがんばります。

morry